トーニングコース
C01 プロセス・マッピング


トレーニングコース内容

コース名 C01 プロセス・マッピング
〜最適なプロセスの設計と構築方法〜
学習時間 7時間
受講対象者 すべてのビジネス・パーソン
受講前提条件 特になし

このトレーニングが求められる背景

組織パフォーマンスの良し悪しを最終的に決定付ける要素の一つは、その企業のビジネス・プロセスのあり方に起因します。
ビジネス・プロセスとは、組織を部門横断的に走っている情報やモノの受け渡しの流れのことであり、企業内においてプロセスが無駄なく効率的に設計され運用されているか否かはその企業のパフォーマンスに直接的な影響を及ぼすことになります。
ビジネス・プロセスを実際に検証すると、ステップ間の断絶、同じ工程の重複、品質を下げているステップ、リードタイムを伸ばす原因になっている工程が必ず明るみになります。
多くの場合、部門をまたがるビジネス・プロセスは自然発生的に運営され、明確な取り決めや文書化された全体像の共有がなされていないため、最適化されているとはいいがたいのが実情です。
「プロセス・マッピング」は、関連する部門担当者が集結し、協働で最も効果的、効率的なビジネス・プロセスを設計し、運用を可能にする問題解決技術です。

コース概要

  • 組織におけるプロセスの位置づけ
  • プロセスの良し悪しが企業パフォーマンスを決定付けるわけ
  • 「現状のプロセス・マップ(As-is Map)」と「あるべき状態のプロセス・マップ(Should-be Map)」
  • プロセス・マッピングのルール
  • マッピング練習
  • プロセス・マップを使った問題分析と解決策の立案

学習目標

  • 組織パフォーマンスを向上させるうえでのプロセスの重要性を理解する
  • プロセス・マップを描写することができる
  • プロセス・マップを使って組織のどこに問題があるかを的確に診断し、その解決策をマップに反映させることができる

特記事項

このプログラムは、一般的な手法をケースにそって学習していただくセミナー形式による開催と、お客様組織の固有のプロセス構築を目的としたワークショップ形式による開催の双方が可能です。

このコースガイドにはインフィスのインストラクショナル・デザイナーにより設計・開発・品質保証されたコースのみが掲載されています。