トーニングコース
A05 部下とのキャリア・ダイアローグ


トレーニングコース内容

コース名 A05 部下とのキャリア・ダイアローグ
学習時間 4時間
受講対象者 部下を持つ管理者
受講前提条件 特になし

このトレーニングが求められる背景

市場や技術の変化と人的資源のマッチングはますます重要な経営課題のひとつになっています。また、人は、将来ビジョン、つまり今所属している会社の将来見通しの中で肯定的に自己をポジショニングした具体的なイメージを抱けるとき、その会社で働き続けるモチベーションを維持できるものです(人は『今日のこと』だけでマネージしていると、やがてしぼんでしまいがちです)。キャリア・ダイアローグは会社の進む方向と個人の進む方向のベクトル合わせを行い、それにより生産性と士気の維持向上、ひいては企業価値の維持向上を図るうえで極めて重要なHRM(Human Resources Management)上の施策です。このトレーニングでは、上司が部下のキャリアの道筋を開くうえで、有効なダイアローグを展開できるようになることを目的としています。

コース概要

  • なぜキャリアダイアローグが必要なのか
  • 効果的なダイアローグの基本形
  • キャリアダイアローグの実践スキル
  • ロールプレイ練習

学習目標

  • 部下の育成とキャリア開発に主眼をおいたダイアローグを効果的に行なうための様々なスキルを特定することができる
  • 実際の キャリア・ダイアローグで上司と部下が遭遇する難所を克服してキャリア目標を立てやすくする実践的なスキルを実行することができる

このコースガイドにはインフィスのインストラクショナル・デザイナーにより設計・開発・品質保証されたコースのみが掲載されています。