トーニングコース
A01 部下のパフォーマンス診断


トレーニングコース内容

コース名 A01 部下のパフォーマンス診断
〜部下のパフォーマンスを向上させるための診断技術〜
学習時間 7時間
受講対象者 部下の支援・業績向上に責任をもつすべてのマネージャー
受講前提条件 特になし

このトレーニングが求められる背景

部下が期待される成果を確実にアウトプットし、仕事上の成長を図るのを支援することはマネージャーの最大の責務ですが、思うようにパフォーマンスが伸びなかったり、能力があるのにもかかわらず結果に結びつかなかったりすることが多々あります。
多くの場合、その原因として個々の社員にスキルや能力が足りないという短絡的な結論付けを行い、教育訓練という手段に解決策を求めがちですが、実は教育訓練で対応できる人間のパフォーマンス問題は全体の3割程度にすぎないのです。
このコースでは、マネージャーとして、部下がどんな落とし穴に陥っているかを的確に診断し、それに対する処方を的確に実施できるよう、多くのケーススタディと診断ツールを用いて実践いたします。

コース概要

  • 人間のパフォーマンスとはいったいどのように形成されるのか、その構造原理を整理する
  • 何が人間のパフォーマンスの伸張・劣化に影響を与えるか
  • パフォーマンス問題を起こしている部下の状況診断ステップ
  • 真の原因に対応した解決策の適切な選択方法
  • パフォーマンス・マネジメント・サイクルへの効果的な応用の仕方

学習目標

  • ヒューマン・パフォーマンスに影響を与える要素を解明する
  • 部下のパフォーマンス問題を引き起こしている状況の診断を行い、正確に原因の特定ができる
  • 特定された原因に応じて、部下やその部門のパフォーマンスを上げるための適切な解決策を打つことが出来る
  • パフォーマンス・マネジメント・システムのなかで、このステップがどう生かされるかを説明できる

特記事項

このコースは行動科学にベースをおくHuman Performance Technologyの修士課程を米国で専攻し、長年企業内で実践してきたコンサルタントの経験蓄積にもとづいた実践的応用論を、どなたにも手軽に活用できるようにHow-toとしてまとめたものです。

このコースガイドにはインフィスのインストラクショナル・デザイナーにより設計・開発・品質保証されたコースのみが掲載されています。